一斉指導のデメリット

個別の苦手分野に対応してもらえない

一斉指導の塾を選ぶと、個別の指導は受けられません。生徒が個別で持っている苦手分野に対しての直接指導が受けられないというデメリットがあります。個別の苦手分野に特化した指導を受けたい人には、一斉指導タイプの塾は適していないと言えます。一斉指導タイプの塾では複数人で授業を受けることになるでしょう。そのため仮に苦手分野の授業が行われたとしても、自分の理解できるスピードに合わせて授業が進むとは限りません。自分の理解できるスピードを上回る授業進行が行われた場合は、苦手分野に対する苦手意識がさらにアップしてしまうリスクもあります。このことを考えれば、苦手分野を克服したい人は一斉指導タイプの塾よりも個別指導タイプの塾を選んでおく方が良いでしょう。

クラス分けがない塾ではクラス内での学力差が出てくる

一斉指導タイプの塾の中にはクラス分けが行われないケースもあります。この問題はクラス分けができる程の生徒数がいないケースや、塾講師の人数が少ないケースが原因として考えられます。クラス分けが行われていない場合、学力差のある生徒が一斉指導を受けることになります。そのため自分の学力よりもレベルの高い授業が行われることや、自分の学力よりもレベルの低い授業が行われることがあるでしょう。生徒の学力差があると、生徒同士の競争による学力の向上が見込みにくいというデメリットが考えられます。場合によってはレベルが低いことで学力が低下する可能性もあるでしょう。このようなデメリットを考えれば、クラス分けが行われている一斉指導タイプの塾を選ぶのが有効だと言えます。