個別指導のメリット

自分にあった授業が受けられる。

最近、多くの学生から人気を得ているのが塾の個別指導。その最大のメリットが、自分にあった授業が受けられる、ということ。集団授業ですと人数が20人から30人になってしまうため、どうしてもクラスの平均的な生徒にあった授業のみが展開されることが多いです。また、学力ごとにクラス分けしている集団指導の塾もありますが、学力をはかる指標が5科目の総合偏差値となることが多いため、苦手な科目があるとその科目だけついていけなくなるという危険性があります。それに比べ個別指導は先生が生徒一人一人にあった授業を科目ごとに展開してくれるため、自分にぴったりの授業を受けることができます。それにより効率よく学習を進めることが可能になるのです。

先生との距離が近い。

個別指導を選ぶにあたっての二つ目のメリットは、先生との距離が近い、ということです。集団授業の場合ですと、生徒が20人から30人ほどクラスにいることが多いため、授業中にわからないことがあってもなかなか質問することができず、わからないまま授業が進んでしまうことが往々にしてあります。それに比べて、個別指導の場合だと、授業中に自分以外の生徒がいないため授業中でも遠慮なく質問することができます。仮にそれでも質問しづらいと感じる場合でも、個別指導の先生はその生徒のつまずく傾向やクセを把握してくれている場合が多く、苦手そうだと判断した分野について詳しく指導してくれることがあります。先生との距離が近いからこそ、つまずくことなく授業を消化することができると言えます。